世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトマンドゥ発、地獄のバス移動

ネパールのバスが渋滞になったら集まってきた物売達の写真
バスが渋滞になった途端、その周りで商売が発生

朝7時発のバスでカトゥマンドゥを後にし、ヒマラヤトレッキングで有名な次の滞在地ポカラへ。それにしてもこのバスの乗り心地がすこぶる悪く、ちょっとした段差でもよく揺れる。

バスのチケットを予約してくれたガネーシャは「ツーリストしか乗らないバスを予約するから乗り心地は最高ね。足は伸ばせるし、荷物も椅子の横に置けるから安心よ」と言っていたのに全然嘘、どう見てもネパール人がたくさん乗っているし、膝が前の座席に当たるくらい狭い。こりゃローカルバスじゃねえか!まんまと騙されたけれど出発直前となっては文句の言いようもない。これからは誰かに任せずに自分でチケットを取ることにしよう。

バスは町を抜けてすぐに山道へと入り、ガタガタと車体を揺らしながら巨大なソフトクリームのような坂道をグルグルと登って行く。山道には殆どガードレールも落石防止の網もなく、よくぞこんな状態で車が走って事故にも合わないものだと思っていると、目の前のネパール人達がいっせいに車窓に群がって外を見始めた。

一体何が起きたんだ? 僕もその中に加わって見てみると、崖下に流れている川沿いに、屋根が斜めに潰れて平行四辺形になった中型バスが倒れていて、そのすぐ傍にはミイラのように布に包まれた遺体らしきものが数体。これってまだ事故ってから間もないのでは・・・、あな恐ろしやネパールのバスの旅。

続きを読む »

スポンサーサイト

夜明けのヒマラヤ

ナガルコットで撮影したヒマラヤ山脈の写真
ヒマラヤ山脈

カトゥマンドゥから車で1時間半ほど移動し、ヒマラヤ山脈の展望地として有名なナガルコットという小さな村へ行ってきた。僕らが泊まったのは標高2100mの山の上に建つホテルで、屋上からは360度の景観を眺めることができるというヒマラヤ見物には絶好のところ。ホテルに着くなり興奮して一目散に屋上へ駆け上がると、視界一杯に広がったのは、雪に覆われしヒマラヤの峰々!!・・・と書きたいところなのだけれど、その日は雨が降っており、視界全体が霧で曇って何も見えなかった。

しかし翌朝5時に起きて部屋から外に出て上を見上げると、昨晩まで真っ暗闇だった空に星が出ている。これはもしかするとと思い再び屋上へ行くと、西の方角、まだ薄暗い空にぼんやりとだが、厚い雲に包まれるように青白い巨大な壁のようなものが見えるではないか。その壁を包んでいた雲はじわじわと時間をかけて地上へと沈んでいき、まるで現像液の中で徐々に像を明らかにする写真のように、ヒマラヤ山脈の全貌が姿を現わした。

 

続きを読む »

ネパールで大いに話しかけられる

 カトマンズの夜の広場の画像
カトマンドゥ、夜の広場の様子

バンコク最後の夜は蒸し暑く、布団に入ってもなかなか眠ることができずに寝返りを打っていると、メスダルが「ゲストハウスの5階やったら蚊も上ってきいへんやろ」と言う。それもそうだと思って窓を開けたまま就寝。翌朝、全身の痒さで目を覚ますと、手足足や顔を9箇所蚊に刺されていた。洗面台で顔を洗おうと鏡を見ると、普段二重の瞼が高倉健の如く鋭い一重に変貌していた。

夕方ネパールのカトマンドゥに到着。手荷物検査を通過すると同時にネパール人の男が近寄ってきて「ビザの申請方法を教えてあげるよ」と言う。一通り申請方法を説明し終えると、今度は「ネパールと日本人は友達ね」「ネパールは日本政府にたくさん援助してもらったよ」等と調子の良いことを話し出す。黙って聞いていると、「ところで私の友達が良いホテルを経営しているんだけど」と本題に入ってきたので、「いや、ホテルはもう予約しているから」と嘘をつくと、彼はとくに食い下がることもなくにこやかに去っていった。なんだ「ネパールの押しなんて大したことないな」と安堵したが、この後すぐにそれが間違いであったことを知ることになる。

続きを読む »

ムエタイでブーン

ムエタイで闘志を燃やす戦士達の画像


3日前からメスダルの咳が止まらない。チェンマイでのトレッキングで体力を落としたところでバンコクの排気ガスを大量に吸ったことが原因かもしれない。一方でオスダルは今朝顔を洗った際に、今までにないくらい大量の目やにが出た。まぁ2週間旅を続けたらそろそろ体調も落ち気味になる頃かなとは思っていたので、ガタが来ない程度に休みながら転がろう。

今朝の朝食はタイのどこのゲストハウスでも食べることのできるアメリカン・モーニング。献立は、目玉焼き2つにトースト、ウインナーとオレンジ・ジュース、またはコーヒー。今日のウインナーは両端がタコ足型に広げられており、仏像が時々手にしている六鈷杵(ろっこしょ)というやつに似ている。六鈷杵ウインナー。

さて、昨日はムエタイを観戦してきた。1階リングサイド席は外国人観光客が座って見るための席。2階席3階席は地元客が集まる立見席。だるま夫婦は18時から22時のメインイベントまで全5戦をリングサイド席で観戦。

続きを読む »

バンコク初日

バンコク、カオサンロード前で撮影した写真


13時バンコク着。日本の夏の終わりくらいの気温と湿度で、日中は外を歩けないくらい暑いけれど、夜は適度に涼しくてビールが美味い感じ。空港からゲストハウスの並ぶ地域までをエアポートバスで移動中ふと窓の外を眺めると、視界一杯に異様な光景が広がっていた。

色あせたパッチワークの巨大な絨毯のように見えたそれは、太陽の光が差し込む隙間もないくらいに密集したトタン屋根であった。TVアンテナのついた家屋は全体の10%もあるだろうか、ほとんどがTVもない生活を送っている貧民地帯と思われる。日本ですらかつてここまで酷い光景はあったのだろうか。その一方で、高速道路を挟んだ反対側に見えるのは、雨後の筍のようにニョキニョキと生えた真っ白い高層ビルの群。バンコクの入り口で、この都市が抱える貧富の差の激しさを垣間見たような気がした。

続きを読む »

各国の信号

チェンマイの町を歩くメスダルの画像
チェンマイを自転車で周遊

今日はレンタルサイクル屋で自転車を借りてワローロット市場を散策。しかし駐車禁止の標識がタイ語で書かれているようで、周りに自転車を止めている様子はないし、タイ語も分からないので、人ごみの中で自転車を押して回ることに。ここまでの道のりは楽チンだったけれど、市場をゆっくりと見学するには不向きであった。市場はまぁ、特別書くところのない普通の市場という印象。

夜は有名なナイトバザールの見学。鞄、シルクの下着、軍ものの洋服、偽物臭い腕時計など、上野のアメ横に似た感じで何百もの屋台が並んでいる。本当は屋台などをたくさん食べたり見たりしたかったのだが、1つとして見当たらず。どうやら「フードコート」という、清潔な屋台村のようなものが完成し、元々あった屋台は閉じてしまったようなのだ。10年前にメスダルがここを訪れた時はもっと汚くて屋台も軒を連ねていたとのことで、僕も是非それを見てみたかったから残念であった。

続きを読む »

カレン族の村でホームステイ

カレン族の画像
カレン族。怪しげなレゲエっぽい兄ちゃんも

2月14日~16日の3日間、チェンマイ北西部の山間部をトレッキングし、少数民族カレン族の村に一泊ホームステイするツアーに参加してきた。メンバーは白人女性5名・男性1名、中国系ニュージーランド人が1名、だるま夫婦含む日本人が3名の計10名。

午後2時に登山を開始。初めの内こそキャイノキャイノと黄色い声ではしゃいでいた白人女性5人組であったが、村まで3時間半に及ぶ山道を現地ガイドのハイペースな道案内に付いていくことができず、口数は除々に減り、夕方村に到着した頃には全員が殆ど口を聞けない状態になっていた。オスダル・メスダルは去年富士山で鍛えられた為か、比較的元気な状態で到着。

登山が辛かった分、村に着いて目の前に広がった風景は素晴らしいものがあった。森の木や竹や木の葉を使って建てた家、放し飼いの鶏・黒豚・牛、殆ど風呂に入っていないのではないかというくらい煤けた顔をした子供たち。それはウルルン滞在期で見たことのある世界そのもの。子供たちは珍客を目にした途端、満面の笑みを浮かべてこちらに駆け寄って来て・・・予定ではそのはずだったのだが、実際には村の人たちは我々訪問客に極力無関心を装っていた。カメラを向けても二コリともせず、僕らがまるでそこにいないかのような振る舞いをするのだ。ただ僕らに食事と寝床を用意し、それが終われば自分たちの生活を続けるといった風に。理由はよく分からないけれど、これは少しばかり寂しかった。

続きを読む »

ここはチェンマイか奥多摩か

電光掲示板に貼りついたヤモリの画像


タイ北部のチェンマイに到着。今は冬なので気温は夜間で26度くらいと比較的涼しい。しかし湿度は70%くらいはあり、蒸し暑くて黙っていても汗でシャツがしっとりとしてくる。道を歩いていると時々日本では横綱クラスの巨大ゴキブリが目の前を横切ったり、店々の天井にはクリーム色のヤモリが何匹も引っ付いている。日本で例えるなら沖縄なんかの気候に近いのではないだろうか(沖縄行ったことないけど)。

それにしても白人の多いこと多いこと。人口比率で集計したら、白人50%、タイ人40%、その他黄色人種10%といった感じ。夕食を食べようとメスダルと2人で飯屋を物色したら、木造のBarの中が青いネオンで彩られ、映画「カクテル」の蜃気楼の如く白人たちがハイネケンを呑みながらビリヤードに興じていたり、お立ち台の上でタイ人女性がクネクネを踊っていたりで、とでもじゃないが我々一般的なモンゴロイドが晩御飯を食べに入れる雰囲気ではない。アメリカ軍が進駐した戦後日本の如き光景。 

続きを読む »

ハノイ最終日

ハノイで見つけた自転車と鳥かごの写真


ハノイの町を歩いていると時折鳥かごが軒先にぶら下がっている風景を見かける。どこへ行ってもバイクのクラクションが喧しいこの町であるが、鳥かごの中で小鳥が美しい鳴き声を囀る束の間だけは心の中に爽やかな風が吹く。

1週間も毎日街を周歩していると大概の通りや市場などは歩き尽くしてしまい、今日は大して見たくもないのに歴史博物館を見学しに行ってきた。案の定、入って1分も経たぬ内に後悔。紀元前から近代までのベトナムの歴史が、写真・土器・仏像・その他歴史的資料と共にパネルで説明されているのだが、説明の大部分がベトナム語の為、何と書かれているのか全く分からない。土器や仏像も素人目には日本のそれと違いがないので、折角の歴史資料館も僕らにとっては上野の常設美術館と似たり寄ったりの退屈な場所でしかなかった。

続きを読む »

ハノイの虚無光線

ハノイの遊園地で撮った写真

今日は安宿の近くにあるスーパーマーケットへ行ってきた。

スーパーは庶民の台所なので、現地の日用品の適正価格を知る上で丁度良い。幾つかの物の値段を確かめてみると、数日前に屋台やツアー先で買ったミネラルウォーターや缶ビールの値段は、スーパーで売られている値段とほぼ同じであった。ハノイではしつこい客引きにも会っていないし、商品を吹っかけるようなこともどうやらないようだ。長くいるほどにまるで日本にいるような感覚に近づいてくる。

また、ここで売られている品物の種類に関しても日本と全く差がなかった。商品価格は大体日本の4分1程度で、ベトナムの平均月収も日本の4分の1程度(約7万円)なので、一般家庭における生活水準もそれほど変わらないことが推測される。スーパーにやってくる人たちの格好も、路上茶屋でお茶を飲んでいる人たちと変わらないので、このスーパーを見ていれば一般的な生活がざっくりと把握できそうだ。

続きを読む »

バインバオとハロン湾

ハロン湾の画像。この日はどんより曇っていた
ハロン湾

今朝の朝食はバインバオ。ホテルの前の屋台で、婆さんが売っているやつを購入したものだ。バインバオというのは、ベトナム産の肉まんのような食べ物。中にアヒルもしくはウズラの卵が入っており、すこぶるウンマイ。バインバオにガブリとかぶりつくと、中から白い湯気が溢れてきた。目の前には、例の如く産卵期のシャケの如きバイク軍団が、道路一杯に溢れかえって排気ガスを撒き散らしている。

ベトナムは社会主義だからか、街にはコンビニもなければファストフードもない。外国の企業がベトナムに入ってきて元々あった商売を淘汰してしまうことを嫌ってのことと思われるが、実際ここにイレブンでもできようものなら、井○屋の肉まんに客を奪われたバインバオ屋は姿を消し、婆さんは収入源を無くして浮浪者に落ちぶれる。そして、情緒ある街の風景によく見慣れたコンビニの白色灯が煌々と輝くのだろう。

旅人にとってはあまり嬉しくない環境に変わってしまうだろう。しかしコンビニが出来て欲しくないと思うのは飽くまでも他国の勝手な願望であって、ベトナムの若者たちはそうではないかもしれない。街を歩いていると至るところでインターネットをしているベトナム人を見かけるけれど、インターネットで情報を完全にコントロールすることはほぼ不可能だろう。一部、キューバや中国のように閲覧やサイト作成を制御している国もあるけれど、ベトナムは国民が自由に閲覧できているように見える。

だから彼らは他国の溢れんばかりの情報に飢え、もしかすると、「いつか我が町にもマックやイレブンを!」と願っているのかもしれない。まぁ、人によるだろうし本人に聞いた訳ではないので想像の域を出ないのだけれど。逆に、外国人から見た日本は、どんな風に映っているんだろうね。

続きを読む »

ハノイの体重計屋と青空理容院

ハノイ中心部で見た大きな建物の画像
ハノイの建物。中国っぽくない?

今日もひたすら町を練り歩く。

道すがら、体重計屋と青空理容院を何軒か見かける。体重計屋とはどんな商売かというと、何てことは無い、ただ体重計の前で親父が椅子に座って煙草をふかしているだけの商売である。

その体重計屋の前で、しばらく様子を眺めていたら、若い女性3人組が体重計の前に立ち、平然とした表情を浮かべながら順番に体重計に乗り始めるではないか。全員が体重を測り終えて満足すると、幾ばくかの小銭を払うなりいずこかへと立ち去った。気になるのは3人の内の1人がハイヒールのまま体重計に乗っていたことで、彼女らに正確な体重を計測するつもりがあるのか否か、甚だ疑問である。

もう1つの商売、青空理容院というやつも実に気楽なもので、鋏と鏡とパイプ椅子の3点セットさえあれば開業できるという極めて元手のかからない商売である。店主は客がパイプ椅子に座れば、シャンプーその他の何の付加価値も提供することなく、ただ髪を刈る。客も散髪が済めばドアを開けることもなく、ただ椅子から立ち上がり、自分の髪が短くなったことすら気づかないような面持ちで再び路上を歩き始める。

日本でこれらの商売に該当するものがあるとすれば靴磨きと辻占いあたりが近いかもしれないが、商売道具も接客もこれらのベトナム式商売よりはもう少し手が込んでいる。それよりはつげ義春の「石を売る人」の方がずっと近いのではないだろうか。見入りは少ないだろうけれど、これで食っていけるのであればそれはそれで気楽で良いように思われる。

続きを読む »

ハノイ、座っている人たち

ハノイの日常風景の画像
ハノイの朝。女性が竹ざおに吊るしたカゴで野菜を運んでいた

翌日、下半身の痒さで目を覚ますと、ふくらはぎをダニのようなものに噛まれていた。ん~、これもバックパッカーの勲章のようなものなのかしら・・・。

足をかきかき、朝飯を食おうかと外へ出ると、ホテルの前はやっぱり昨日と変わらず大量のバイクが溢れかえっていた。う~ん、朝っぱらからこの状況はキツイ。この街は24時間が走りまくっているんでしょうか。

ふと、クラクションの騒々しさを取り除くために、耳を塞いでハノイの景色を眺めてみようと思いついた。実行に移してみると、音が消えた分、周囲の景色が見えてくる。竹ざおの両端に吊るしたカゴで野菜を運んでいる女性や、道端で車座になって茶を酌み交わしている人たち。音を消してこの風景だけみると、何だかとてものんびりして見える。

けれどもやはり、騒音とこのおだやかな風景こそハノイなのかもしれないと思い、耳に当てた両手を外す。再びバイクのクラクションが頭をゆらす。

続きを読む »

アイアムベトナム

バイクだらけなハノイの画像
道路はバイクやスクーターで溢れかえっていた

最初の訪問地、ハノイ(ベトナム)にやってきた。

空港に降り立った途端、独特の臭気がムンっと鼻を突く。僕は、外国に着いた瞬間に感じるこの臭いが好きだ。

ハノイはベトナムの北側にある町。南側にあるのがホーチミン。ハノイのすぐ上にある国が中国の為か、雰囲気はどこか中国っぽい。気温は25度くらい、湿度は日本よりも乾燥しており過ごしやすい。

って、それはいいんだけどさぁ、なんなのよこのバイクの量は!? 空港を出た僕らはタクシーに乗って街へと向かったのだが、中心地へと近づくにつれ、バイクの量が段々と増してきて、しまいには鮭の産卵期のごとく道路一杯に大量のスクーターが埋め尽くして一歩も前に進まなくなってしまったのだ。

産卵バイクたちは、何の解決にもならないクラクションを「ビッビビビビビビー!!バビビビビビーッ」と鳴らしまくっている。何故彼らは、神経をビリビリと苛立たせるだけで何の意味もないクラクションを、そんなにも鳴らさねばならぬのか理解に苦しむ。それにバイクから吐き出される排気ガスも酷く、喉がヒリヒリしてきた。

暫くしてバイクの量も軽減し、やっとタクシーが進み始めたかと思ったのだが、あっという間に信号は赤に変わり、また元の十勝川状態に戻る。ん~、一体いつになったら目的地へ着くのだ・・・。

注釈)「十勝川」:鮭の産卵で有名な北海道の川

続きを読む »

世界一周旅行、壮行会

壮行会用の看板の画像。ダルマの絵も見える
壮行会のことを書いた黒板

世界旅行の出発前夜、行きつけの料理店「トネリコ」で、友人らが壮行会を催してくれた!

全部で15人くらい集まっただろうか。みんな、この店で知り合って仲良くなった仲間達だ。彼らからは「だるころ道中」にちなんで、手作りのダルマをプレゼントしていただいた。

そのダルマの片方の目に、一人づつ筆ペンで墨を入れては隣に渡す、ダルマのバケツリレーが繰り広げられた。全員の墨入れが完了すると、そのダルマはトネリコの天井部分の物置部分に設置されることになった。サーモンの缶詰で作った賽銭箱と一緒に、帰国するまで祭っておいてくれるとのこと。うーっ、嬉しすぎる。

みんなと暫く会えない、もしかしたらもう二度と会えないかもしれないと思うと、「おぅ、おぅ」と嗚咽が湧いてきて、オットセイのような声をもらしてしまった。その声がみんなに聞こえないように、大きな声で「今日は飲もうよ!」と叫んだ。

続きを読む »

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。