世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備編 | データの残し方

旅行に持っていったipodの画像 旅行に持って行ったカメラの画像

デジカメで撮った写真を何に記録するか? について。

僕が過去5年間の旅で愛用してきたものはI-O DATAの外付けハードディスク「GRANDISK」。操作性がやや悪いものの、とにかく頑丈で、何度か地面に落としたり何処かにぶつけたりしたが、未だに問題なく使えている。容量も40GBあるので、写真や短時間の動画を記録しておくには十分。

この「GRANDISK」の最大のメリットは、パソコンを介すことなく、デジカメから抜いたSDカードを直接差し込んでハードディスク内に取り込めること。i-Podの場合は別途接続端子を購入すれば同じことが可能だが、5年前にこれが可能だったのは「GRANDISK」だけだったのだ。今はデジカメ画像を記録する専用のハードも出ているので、探せばもっと便利なものは他にもあるだろう。
一方でGRANDISKのデメリットは、取り込んだ画像をパソコンに移動するまで見ることができないこと。これには今まで不自由してきたので、今回の旅では画像の見れる第5世代のi-Podと、デジカメに直接接続してデータを移動する為の端子を別途準備した。ただ、i-Podは突如フリーズする等のハプニングも予想されるので、基本はGRANDISKに蓄積しようと考えている。

他に持っていくものは、ハードを100ギガ積んだノートPC(長期旅行なのでこの位は必要だろうと思って)、デジタル一眼レフ、コンパクトデジカメ2台(動画撮影用)の他に、アナログカメラとして、オリンパスペン(ハーフカメラ)とポラロイドの折りたたみカメラ「Polaroid690」の2台。これらは暗くて雑な感じの写真が撮れたらいいなと思って意図的に古くて低性能なカメラを持っていくのだけれど、果たして吉と出るか凶と出るか。

あとはこれらのものが盗まれたら一巻の終わりという心配もあって、旅の途中でデータを記録したものを実家に送る為に、CD-RWを何十枚か用意している。家に転送する方法は他にもネットから無料で大容量データを転送できる「宅ファイル便」等も考えられるけれど、ネットカフェのスペックに依存するので、これは本当に最後の手段ということで。

まぁ、心配性なもので「保険にもう1台」と思う内に必要以上の撮影道具を持っていくことになってしまいそうだけれど、大切なことは景色を自分の目に焼き付けることと、目だけではなく耳・鼻・肌・第6感の全てをフルに使って全身全霊で世界を感じ取ることなのだから、撮影だけに気をとられず、紙と心の両方にバランス良く旅を焼き付けてきたいと思う(と、半分言い訳している)。

余談:昨日、写真屋の友達に聞いたのだけれど、外国によってネガの出来が違う、イコール、写真の質が異なるらしい。例えばインドで現像するとレトロな感じになるのだとか。これがその土地の気温によるものなのか、現像に用いている機器に依存するものなのかは分からないけれど、敢えて海外で現像してみるというのも面白い。

---------------------

ここからは帰国後の感想です。まず、最近になって変わってきたことは、デジカメ用SDカードの容量に、1GB以上の容量の大きなものがでてきたこと。これだけ容量が大きいと、写真などの画像ファイルであれば相当な量が入る。

ただしSDカードは小さくてなくしやすいので、バックアップとして何らかのハードディスクは持っていった方が良い。僕は前述したIOデータのハードディスクとipod(及び、SDカードからデータ転送する為の端子)を持っていったのだが、ipodは起動しないなどの動作不良が多くて使い物にならなかった。

最も安定して動いてくれたのは実はノートPCで、僕のノートPCはSDカードの挿入口が付いているので、デジカメで撮った画像をそのままノートPCに転送することができて便利だった。後は、その画像をDVD-Rなり、CD-Rに焼いてバックアップを取り、定期的に日本に郵送することでデータの消失に備えた。因みにCD-RやDVD-Rは、今や相当な田舎であっても文房具屋やネットカフェがあれば売られていることが多い。

次の日記へ
 
  
スポンサーサイト

コメント

こんなにちは

カメラを全部で4台ですか、すごいですね。僕も写真好きなので
カメラはデジカメ2台(普通?)を考えていたのですがオスダル
さんに触発?されてフィルムカメラも持っていきます。
僕もオリンパスペン持っているんですよ。ハーフカメラなので2倍撮れて助かります。写りも味があっていいですしね。
実はオスダルさんと僕は同じ年なんです。なので余計親近感があります。
応援してますので頑張って下さい!

カメラ

shimanekoさん >
ハーフはそう、2倍撮れるんですよね。そしてなんていうか、トイカメラ系の絶妙な呆け加減がいい味で。
そうですかー、shimanekoさんも同い年かぁ。この歳で空白期間を作るというリスク覚悟で夢を取ったんですね。お互い自分の信じる道を突き進みましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/18-8e496da8

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。