世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハノイ、座っている人たち

ハノイの日常風景の画像
ハノイの朝。女性が竹ざおに吊るしたカゴで野菜を運んでいた

翌日、下半身の痒さで目を覚ますと、ふくらはぎをダニのようなものに噛まれていた。ん~、これもバックパッカーの勲章のようなものなのかしら・・・。

足をかきかき、朝飯を食おうかと外へ出ると、ホテルの前はやっぱり昨日と変わらず大量のバイクが溢れかえっていた。う~ん、朝っぱらからこの状況はキツイ。この街は24時間が走りまくっているんでしょうか。

ふと、クラクションの騒々しさを取り除くために、耳を塞いでハノイの景色を眺めてみようと思いついた。実行に移してみると、音が消えた分、周囲の景色が見えてくる。竹ざおの両端に吊るしたカゴで野菜を運んでいる女性や、道端で車座になって茶を酌み交わしている人たち。音を消してこの風景だけみると、何だかとてものんびりして見える。

けれどもやはり、騒音とこのおだやかな風景こそハノイなのかもしれないと思い、耳に当てた両手を外す。再びバイクのクラクションが頭をゆらす。 
  
ハノイの画像。路上座っている人をよく見かける
ハノイの人たちは路上で座ってよくお茶を飲んでいる

ハノイの人たちがのんびりしているイメージは、彼らがよく椅子に座っていることからもきているかもしれない。例えば、レストランで料理を頼んだ場合はど、コックさんがフライパン上のチャーハンを皿に盛ったかと思うや、瞬きする間もなくすぐ椅子に座っている。なんて書いていたら、のび太が枕を宙に放り投げて、畳に着地する瞬間に鼻提灯を浮かべて眠っているという光景が思い浮かんできた(知ってる?)。

「仕事がない時は、座って休む」の精神は日本の立ち仕事をしている人も見習うべきだと思う。とにかく、人間の生活はそれくらいリラックスしたものでもいいと思うのだ。

さぁ、いまこそ「日本人総のび太化」しようではないか。立ち上がれ!ニッポン!・・・じゃなかった、座れ!ニッポン!!

次の日記へ
前の日記へ

 
スポンサーサイト

コメント

確かに・・・
韓国行った時も座って商売してる人多かったかも(’’?

体調良くなったみたいだね。
梅エキスのお陰かなw

ふーみん

へぇ、韓国も座ってるんだ。座る国の特徴とかってあるのかなぁ。前にチェコでデパートに行った時は、女性店員が仕事中にでかい声で私用電話しまくっててビックリしたなぁ。日本は稀に見る「お客様第一主義」な国なのかもだねー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/21-c6ac023d

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。