世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク初日

バンコク、カオサンロード前で撮影した写真


13時バンコク着。日本の夏の終わりくらいの気温と湿度で、日中は外を歩けないくらい暑いけれど、夜は適度に涼しくてビールが美味い感じ。空港からゲストハウスの並ぶ地域までをエアポートバスで移動中ふと窓の外を眺めると、視界一杯に異様な光景が広がっていた。

色あせたパッチワークの巨大な絨毯のように見えたそれは、太陽の光が差し込む隙間もないくらいに密集したトタン屋根であった。TVアンテナのついた家屋は全体の10%もあるだろうか、ほとんどがTVもない生活を送っている貧民地帯と思われる。日本ですらかつてここまで酷い光景はあったのだろうか。その一方で、高速道路を挟んだ反対側に見えるのは、雨後の筍のようにニョキニョキと生えた真っ白い高層ビルの群。バンコクの入り口で、この都市が抱える貧富の差の激しさを垣間見たような気がした。

さて、今回我々ダルマ夫婦の泊まるホテルのある場所は、世界中からバックパッカーの集まる地域として有名なカオサン通りから歩いて5分くらいのところにあるチャナソンクラム寺周辺。ここは騒々しいカオサンと異なり、緑に囲まれた細道にゲストハウスが並ぶ落ち着いた雰囲気が流れている。道を歩いていると日本にはいない南国の鳥や、犬や鶏の鳴き声がどこからか聞こえてきて、何とも呑気なムードである。

それでも通りを歩いている人はバックパックを背負った若者が多く、また、チェンマイが白人の中年~老人男性が圧倒的に多かったのに対し、こちらはアジア系の若者が多いため、何となく旅行者の集まる土地に来たのだなぁという気分が高まってくる。気になるのは何故かカメラを持った人を殆どゼロといっても良いくらい見かけないことで、何だか一眼レフを大層に首から下げて歩いている自分が恥ずかしいような気にもなってくる。それでも気にせずにシャッターを切る内にお目当てのゲストハウスに辿り着く。このゲストハウスの名前は「フォー・サンズ・ビレッジ」と言う。ツインベットにファン、TV、お湯の出の良いホットシャワーにベランダまでついて一泊630バーツ(約1900円)はかなりコストパフォーマンスが高いと感じる(まぁ人によるんだろうけど)。

夕方からはカオサン通りを見学。通りを埋め尽くすネオンの数々、タトゥーやドレッドヘアで身を飾った若者たち、シルバーアクセサリーやインド雑貨を売る店など、通り全体の雰囲気は渋谷センター街や原宿竹下通りあたりに近いように思われる。ビビッドで色とりどりのネオンの灯りは嫌いではないが、この場所をホームにしている人達の醸し出す空気は直感的に好きになれない。

4年前バンコクを訪れた際には、スクンビット通り周辺に停泊したのだが、そこには通りに幾つかの大きな青空食堂とでも呼ぶべきものがあって、コの字型に軒を連ねた屋台の真ん中に100席くらいの粗末なテーブルと椅子があり、そこで仕事を終えた現地の人々が座って、夜遅くまで飲み食いしたり世間話をして楽しんでいる姿をよく目にしたものだった。それはカオサンとは全く異なる、もっと街の表情が素直で明るいものだったようなものだったと記憶している。

とはいえ、バンコクは東京と同じく大都市なのであって、短期間で一部の地域のみを見て回ったところで全体像は決して把握できる訳がなく、しかもインドや中国を始めとする多くの国の人々がそれぞれの地域で独自の文化を形成している都市でもあるのだから、あまりバンコクイコール○○と決め付けることなく、目の前を通り過ぎる景色をただ素直に感じ取ることにしよう。

明日は3度目の狂犬病を受けに病院を訪れた後、ムエタイでも見てみようかと思っている。

次の日記へ
次の日記へ
スポンサーサイト

コメント

いよいよバンコクですね。
僕の旅の始まりはバンコクからです。
去年行ったばっかりなのになんか懐かしいです。
カオサンはまだ行ったことはないので是非自分の
体で体験したいです。
狂犬病の予防接種は日本で受けられないと
諦めてます。やばいかな~

オスダルからの返信

shimanekoさん >
こっちはバックパッカーだらけで、みんな英語ペラペラ
なのでちょいとビビってます。
狂犬病はバンコクのスネークファーム近くの病院で
受けれるみたいなのでこれから行ってきます。

ごぶさたです

ごぶさたしてます。
オタフクさんから聞いて見に来ました。
旅は順調のようで何よりです。
バンコクははるか昔に行ったことがあり、
カオサンに泊まりました。
ゴーゴーバーに行ったりして面白かったです。
日本のオジサマがいらっしゃいましたが・・・汗

トルコにも行くんですね。大好きな国です。
これからもブログ、楽しみにしてます。

おっ!バンコクへきましたか!着々とあらゆる土地を踏みしめてますね。
僕もカオサンへは4年前にいきました!なんか怪しい日本語が書かれたTシャツを購入した記憶があります。。。

オスダルからの返信

いかさん >
うわー、お久しぶりです。ゴーゴーバー、面白そうですね。僕は賑やかな場所に行くと疲れちゃうけど、ちょっと興味あります。昨日ドラックストアでおかまちゃんに「ニポンジン?コニチワ」と話しかけられました。こっちってやっぱりゲイの人が多いのかな。

matsu-motorさん >
カオサンで見る怪しいシャツというと、洗剤の「トップ」と書かれたTシャツを着た白人を屡々見かけます。あと関係ないけど「妻」と漢字で書かれたタトゥーを弁慶に入れた白人も・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/29-6eeb979d

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。