世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明けのヒマラヤ

ナガルコットで撮影したヒマラヤ山脈の写真
ヒマラヤ山脈

カトゥマンドゥから車で1時間半ほど移動し、ヒマラヤ山脈の展望地として有名なナガルコットという小さな村へ行ってきた。僕らが泊まったのは標高2100mの山の上に建つホテルで、屋上からは360度の景観を眺めることができるというヒマラヤ見物には絶好のところ。ホテルに着くなり興奮して一目散に屋上へ駆け上がると、視界一杯に広がったのは、雪に覆われしヒマラヤの峰々!!・・・と書きたいところなのだけれど、その日は雨が降っており、視界全体が霧で曇って何も見えなかった。

しかし翌朝5時に起きて部屋から外に出て上を見上げると、昨晩まで真っ暗闇だった空に星が出ている。これはもしかするとと思い再び屋上へ行くと、西の方角、まだ薄暗い空にぼんやりとだが、厚い雲に包まれるように青白い巨大な壁のようなものが見えるではないか。その壁を包んでいた雲はじわじわと時間をかけて地上へと沈んでいき、まるで現像液の中で徐々に像を明らかにする写真のように、ヒマラヤ山脈の全貌が姿を現わした。

  
時計の針が6時を回り、東の雲の絨毯の中から太陽が顔を出し始めると、山の輪郭が明瞭になり、山脈全体の様子をはっきりと見ることができるようになってきた。なんと大きな山脈だろう!視線のかなり高いところで、空をギザギザに切り裂くように白い稜線がどこまでも横に走っている。その中央から突き出した黒い刺のようなものはランタン(7246メートル)と呼ばれる山。そこから西に見えるガネーシュ・Hと呼ばれる山々も7000メートルクラスの高山だ。エヴェレストは雲に覆われて見えないけれど、ヒマラヤが視界一杯に広がる光景を見たときの感動は言葉では伝えられそうにない。

この次いつ見れるか知れないヒマラヤ山脈を、何度も何度も振り返って目に焼き付けながら、僕は屋上を後にした。

屋上から眺めた景色のパノラマ写真はこちら

次の日記へ

スポンサーサイト

コメント

ヒマラヤ山脈いいですね~
僕もネパールまで行く予定です。当然ヒマラヤを見る為です。
アジア旅行のハイライトになることを期待してます。
山の景色って素晴らしいですよね。僕も昔、日本アルプスで
感動する景色に出会いました。登山家にでもなろうかと思い
ました。断念しましたが…
これからも記事を楽しみにしています。

順調に楽しんでるか~い!
この写真,自分らの旅行のときを思い出すよ。
昼と夜の温度差にはほんとに気をつけてくだされ~!

shaoです!
お元気ですか?
ヒマラヤの絶景を届けてくれてありがとうございます。思わず息をのんでしまいました。リアルに見たらもっと感動するでしょうね。
更新楽しみにしてます~

うわ~!うわぁぁぁ~!感動的!!!
ヒマラヤ山脈、いつか見てみたいです。
オスダルさんのブログを見て、私も写真ちゃんとやりたいなーと思いました。
写真がいいと旅の思い出が何倍にもなっていいなー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご無沙汰!体調不良で暫く寝込んでおりました。
すげー!超絶景!パノラマやばいっすよ!リアルにみたい。。。
僕もいつか、行きます!

すごくきれいな写真だね♪
「生」で見たらもっとキレイなんだろうね☆
うらやましい(^-^)

元気かね?

その後お二人の体調の方は回復してきていますか?

子育てに奮闘する合間にみるヒマラヤは最高デス。
空の色が違うのでビックリしました。

世界の看板、ポストも楽しみにしています。
ところでマンホールってあるの???

れすです

shimanekoさん >
山の景色はすばらしいです。今ポカラにいるんですが
目の前にヒマラヤが見えますよ。多くのトレッカーが
歩いています。

dycさん >
おー、この間は色々ありがとうでした。ネパール最高
だね!今ポカラなんだけど、のんびり過ぎて天国に
行けそうだよ。人も動物ものんびりだねー。

shaoさん >
どうもどうも!ヒマラヤ綺麗でしたよ~。こっちはラーメン
はないけどいいところです。昨日商店で韓国人が辛ラーメン
を大量に買っているのを見ました。会社はどんな感じです
か?相変わらず超忙しいんだろうなぁ。。。

ウエダノリコさん >
いやお恥ずかしいです。センスの良いウエダさんの撮る
写真はきっと素敵だと思います。いつか見てみたいなぁ。

matsu-motor さん >
体調不良、もう治りましたか?僕も昨日はダウンしてま
した(旅では3日に1日は寝込むほど体調不良です)。
ナガルコットからのヒマラヤ眺望、まじで凄いです。これは
自信を持っておすすめです。

ふーみん >
ふーみんの言う通り、生と写真はやっぱ全然違いますねー。
目で見たように近づけるにも限界がある。リアルに見ると
思い込みも入るからもっと山が近くに見えるよ。

ma*ma*yuさん >
体調は日本の気候に近いポカラまできて漸く回復の兆し
が見えてきたよ。1ヶ月近くアジアを旅するとやっぱガタが
くるわ。子育ては楽しくやってる?

マンホール、あまり意識してなかったから見てみるね。
アジアはトイレの紙を流しちゃいけないところが多いね。

素晴らしい。。
こんなブログには私はできないですよ。。

れすだる

うめのはな さん >
おーっ、書き込みありがとうございます!
また近況とかお聞かせください。Mixiでは「おすだる」で
登録しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/32-d95dc9b7

【ヒマラヤ山脈】について

ヒマラヤ山脈ヒマラヤ山脈(''Himalayan Range'')は、アジアの山脈で、地球上で最も標高の高い地域である。単にヒマラヤということもある。ヒマラヤは、インド亜大陸とチベット高原を隔てているカラコルム山脈、ヒンズークシ山脈、パミール高原から続く無数の山脈から構成

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。