世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタカリダンス

カタカリダンスの画像
カタカリダンスに登場した魔女

コーチン2日目、再び下痢になり、内臓を雑巾で絞ったような痛みが腹を襲う。朦朧とした意識で、途中道路に座り込んで休憩を取りながらも、コーチン名物カタカリダンスの開催場所に到着。着いたはいいけどこりゃ途中退席かな、と思っていたのだが、カタカリダンスが始まると同時に、想像を遥かに上回る踊りの迫力に腹の痛みもピタリと止まる。カタカリダンスといえば、黄緑色に塗った顔に、白いエラのようなものをつけたカエルのようなメイクと、三角錐型の派手な衣装と言えば知っている人もいるだろうか。南インドを代表する伝統芸能なのである。

僕らが見た演目では、この黄緑色のカエル男が演ずる王子の他に、もう1人の顔を黒く塗って黄色と赤の化粧をした毒虫のような魔女が登場した。洋服はジプシーのように横に大きく広がったスカートを履いて、色とりどりの布や宝石で着飾っている。この魔女が仮面ライダーのショッカーみたく「ヒーンッ!!、ヒーンッ!!」と叫びながらステージを駆け回る様子は相当狂っている。

しかし、インパクト勝負かと言うと全然そんなことはなく、カリダンスは手足の指先の動きから、顔の全筋肉と眼球を巧みに操って、正に全身で感情を表現する踊りなのだ(本サイトの動画でも見てみてね)。このあたりは日本の歌舞伎によく似ているような気がする。僕はすっかりカタカリの世界に心を奪われてしまい、役者が象やコブラの動きを真似た際に、本当に獣が目の前で動いているような気がしてビクンと身体を震わせてしまった程だ。演劇をこんなに集中して観たのは本当に久しぶり。

南インド映画の画像
マリオ顔の主人公はヒロインとミスマッチ?

なんて感激も束の間、劇が終わると同時に再び腹を激痛が襲う。急いでトイレに駆け込み、用を足したは良いが、紙がない。どうしようもないので、トイレに置いてある桶に水を汲んで、左手で始末。左手で尻を掃除するのは今回で2度目だが、2度も経験してしまうと、もう殆ど抵抗はない。ってインド方式の洗浄方法に慣れたところで、あと1週間ほどでトルコに移動するんだけれど。

翌日は南インド名物の映画館へ。切符待ちで並んでいる30人ほどのインド人たちは全員が男。彼らは普段観光客を相手にしていない人たちだからか、僕らが映画館の外で立っていると、「あそこにコリアかジャパニらしき奴等がいるぞ」と、興味津々といった感じの視線でジーッとこちらを凝視してくる。インド人は、自分が気になるものがあったら、正面から、しかも長い時間をかけてジイイイーッと見る。慣れないうちはこれは結構落ち着かないものだ。

さて、映画が始まると、噂に聞いていた通り、観客たちの間から、掛け声や口笛が飛び交い始めた。特にヒロインのアップや、悪役が懲らしめられている最中などは場内全体に拍手や歓声が上がって大いに盛り上がる。まるで役者本人が映画館で演技をしているかのような盛り上がりだ。

映画の内容も実にインドっぽく。役者ごとにテーマソングが決まっていて、新しい役者が登場するとプロレスみたいに派手なロックがドジャジャーン!と流れる。映像はスローモーションと早送りを頻繁に用いており、悪役が黒い車から出てくる瞬間ブワッと早送りになったかと思うと、次にカメラは足のアップに切り替わり、靴がアスファルトに着地する瞬間をスローモーションで映したりなんかする。

タランティーノの映画や、「マトリックス」などでこれに非常に近い手法が見られる。たしか初めてスローモーションを効果的に使った映画監督ってサム・ペキンパーじゃなかったっけ(適当なことを書いているので違うかも)。なんて、欧米や日本で誰がパイオニアかとワチャワチャ議論している間に、南インドでは思いもよらぬ撮影方法を次々と発明していそうな気がする。

それから南インドの映画では、物語の進行中に突然場面が切り替わってダンスが始まるのも特徴的だ。舞台となるのは海、山、砂漠、ディスコ、鉄道など多岐に渡り、時には複数の舞台をシャッフルしながら同時に映したりするから、見ている方は目が回る。マリオ面のマッチョが大勢の美女と共に、ラッキー池田よろしく、演出過剰なダンスを踊る様は、侘び錆びを重んずる日本人の感性を一瞬にて破壊する。

今日の映画でも、主人公の乗っていた車が何の脈略も無くバラバラに解体したかと思いきや、突然人型ロボットに変形。驚く暇すら与えず、画面両脇から美女がウワーっと集まってきて主人公を取り囲み、ロボットと美女と全員でダンスを踊りまくるというシーンがあった。しかしこの人型ロボットはストーリーとは一切関係ないらしく、ダンスが終わった後は再び車に戻り、その後一切映画に登場しなかった。こんな訳の分からない発想はインド人にしかできないだろう。

あぁ、今日もいろいろと刺激が多くて疲れた~っ。

次の日記へ

スポンサーサイト

コメント

春のお便り

こちらは花見の季節だよ。元気かな?
昨日はまだ5分咲き、こんな平日さすがにヒト少なめな曇り空。
公共井戸のある屋根下で、浮浪者とまちがわれそうな僕たちの会は
「井戸見会」といって花見と違う方向へ行ってしまいました。
「夜桜きれいだね」
「アレこぶしの花だよ」
「・・・。」
酒が飲めればどこでもよくなっていました。

それでも今日は快晴。5日後にはあの国分寺公園も満開です。きっと。朝の日差しも暖かく、手足をのばして起きることが出来ます。

Houseは今年もハウス展の準備。
靴がたくさん出来てきました。春らしい白やピンクや薄いグレーや緑。

春ですよ、こちらは。

カタカリダンスって初耳ですが魔女の衣装に度肝をぬかれました。
南インド料理、美味しいですよね。手で食べると更に。
インドの映画館の話は聞いたことあるけれど実際に体験してみたいものです。
お腹、お大事に…

れすだる

ケンさん >
いいなぁ、花見。いつもの調子でみんなベロベロ
になるまで酔っ払ったのかな?

こっちは少し歩くと日射病になるくらい日差しが
きついです。春というより酷暑に向かう季節。

ハウス展、見に行きたいなぁってオスズと話して
いました。去年見にいった時はお互い今より
ぎこちなかった気がするよ。

jammyさん >
カタカリ、何て言って良いかわかりませんが、
兎に角すごい衣装ですよね。

南インド料理、手で食べようとチャレンジして
いるのですが、どうしてもうまく食べれなくて
スプーンから抜け出せていません・・・。

映画館はほんとに噂通りでしたよ。内容も
エキサイティングなので、じっとして観ている
よりも、みんなで盛り上がった方が楽しそうに
見えました。

おお~!凄い好みな衣装です!良く見るとおっぱい?(笑)
動画も見ました~。一瞬で別世界に行けそうな感じ。
本物が見たいです。この雰囲気は大好きです!

インドの映画って「踊るマハラジャ」は見た事あります。
内容メチャメチャだけど
ハッピーな気分になれるので好きでした。
意味なく歌ったり、踊ったり。多いですよね~

れすだる

ねこじるさん >
中国からおかえりなさいませ。
カタカリは、そう、このおっぱいが強烈です。これを下から持ち上げるようなしぐさをして、王子への熱情に悶えている仕草等を演じていました。この雰囲気、ちょっと水木しげる的な霊のオーラに満ち満ちていました。
「踊るマハラジャ」は僕も見ました。笑いあり涙あり、幾重もの回想シーン、そして踊りと、てんこ盛りサービス度1000%の映画だったと記憶しております。正にインドそのもの。でもこの映画、実はインド人にあまり知られていないとも聞いたことがあります。インド映画、もっと日本に普及するといいのになぁ。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/44-7ad213e9

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。