世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルバドールの落日

サルバドールの夕日の画像
サルバドールの落日

僕らの泊まっているアパートでは、ベランダからすぐ目の前にサルバドールの落日を眺めることができる。

いままで色んな国の落日を見てきたけれど、バイーア(サルバドール)の落日が最も素晴しい。巨大な卵の黄身のような太陽が空を黄色く染め上げ、それが徐々に沈んでいくに従って空のグラデーションが少しづつ変化していく。黄色からオレンジへ、オレンジから赤へ、赤から紫へと。180度に広がる巨大な色彩のパノラマだ。その太陽と僕達との間に広がる空間を、何羽かのツバメが曲芸飛行を繰り広げてみせる。突然急降下したかと思うと、また次の瞬間にはグイっと上昇し、スーッと弧を描くようにして横へ飛んだり、或いは1羽がもう1羽を追跡してみたり。その気まぐれな飛行の様子を目で追うこともまた楽しい。 
 
夜になると、今度はお月さんの出番。ぐんぐんと空に上ったかと思うと、真っ白い光で海を照らし出す。すると月の真下から僕らの部屋に向かって、海面に1本の大きな橋がかかる。自分が言うとなんとも似合わない話だが、これは理屈抜きにロマンチックな眺めなのだ。このままこの橋を渡って、月世界旅行と洒落こみたい気分。月の道の両脇には、何艘もの大きな漁船が、赤や青の光をキラキラと放ち、海を飾っている。

この眺めに時の経つのも忘れてウットリとしていたら、なんだか足がむず痒くなってきた。月を眺めて足が痒くなるとはこれ面妖な、と思ってふと脹脛(ふくらはぎ)を見ると、1匹の蚊が僕の足にワッシとしがみ付き、今まさに夕飯ならぬ僕の血液をグイグイと吸引しているところなのであった。「くそっ!」と思ってパンッと手を足に叩きつける。痛い、しかし蚊は何食わぬ様子でぷぅーんと僕の頭上を飛んでいって暗闇に消えた。後に残ったのはヒリヒリとした足の痛みと、その後にじわじわとやってくる痒みのみ。ということで、そろそろ部屋に戻りましょうか・・・みたいな感じで毎日を呑気に過ごしている。

そうそう、前回書いた子供達の写真を、このブログの表紙にしてみました。F5ボタンを何度か押して更新すると出てくるはず。時間に余裕のある方は見てみてください。かわいいよ~。
 
*おまけ*
落日の様子、パノラマ版


次の日記へ

 
スポンサーサイト

コメント

いいなあー。あたし夕日&日の出フェチなんだよね。
F5を押すと写真が変わるって知らなかった。
面白くて阿呆のようにクリックしてしまった…。

れすだる

タコさん >
落日と日の出は理屈抜きでいいもんだよねー。
タイトル画像は今んとこ全部で8種類くらいあるよ。

タコさんは今年、富士でご来光かな?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/64-cb3e6bbd

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。