世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備編 | 世界一周航空券



世界一周では、旅の移動経費が予算の多くを占める。
その1つの選択肢として、世界一周航空券(世界一周旅行券)が便利。

これは、一定のマイル数以内であれば、提携している航空会社の空路を1年間ほぼ自由に移動できるという便利なチケット。

距離と空路によって幾つか種類があるのだけれど、僕らが購入するのは3万マイルの移動まで可能で、約40万円のチケット(別途、若干の航空税もかかり、これは石油の値段等で変動したはず)。

大陸間の往復ができないなどの制限はあるものの、40万円でアジア、ヨーロッパ、南米・北米まで飛び回れると考えればお徳なんじゃないだろうか。買い方によるけど、格安航空券を購入するよりも安いのは確かなんじゃないかと思う。因みに、この世界一周航空券に参加しているグループは現状以下の3種類がある。

・ワンワールド
・スターアライアンス
・ラウンドザワールド

それぞれ得意とする地域、即ちフライト可能な国が異なり、カバー範囲が最も広範囲に渡るのがスターアライアンスで、僕らもこれを購入予定。ワンワールドは、北米、南米、欧州、豪州に強く、ラウンドザワールドは中東・アフリカ・北米が充実している。それぞれの提携会社も変動しているから、時期に応じてこの勢力図も変化するだろう。

先に書いた制限事項に関しては、3社それぞれ細かなルールは設定されていること。例えば以下のようなものがある。

・途中降機の回数制限
・大陸間の進行方向(逆戻りできない)
・同一都市の乗り換え回数
・大陸間を陸路で移動した場合の扱い

などなど。もっとたくさんあって、個人で完全に理解するのは困難。

我々だるころ一行は、初めHISなどの大手旅行代理店を訪れて確認したのだが、彼らのようなプロでも即答してもらえなかったくらいなので、細かなルールについてはこのサービスについて最も詳しい世界一周堂「世界一周堂」の担当の方に旅のルートを伝えて、距離や前記したルールの上で問題ないことを確認するのが確実である。僕らもそうした。

実際には、行きたいルートを先方に伝え、少しづつ航路を調整しながら、何度かのやり取りを通じて最終的なルートが決定することになる。これには人にもよると思うが、航空券以外の予算の調整も含めてルートを決定するのは多少手間が伴うので、僕らの場合は1ヶ月程を要した。

--------------------------------------
【追記】

ここからの文章は帰国後に書いています。世界一周旅行券は予めルートを決定して使うものですが、旅先では何らかの理由(違う地域に行きたくなった、予算が足りないなど)でルート変更をしたくなる場合もあると思います。実際僕らもありました。

その際のアドバイスを1点挙げるとすれば、お金の面から、できるだけ現地の航空会社で手続きを行った方が良いということです。例えば僕らは、ブラジルからアメリカにある日本系の航空会社に電話とFAXで変更手続きを行ったのですが、これが非常に難航しました。

というのは、世界一周航空券の旅程を変更するには、今所持している全てのチケットのコピーを、文字がハッキリと写った状態で確認できなければならないと言われたからです。3~4度に渡る手続きで、国際電話料金が2万円、FAX料金が8千円ほどかかったと記憶しております。

更に航空会社は、僕らがバックパッカーであることを考慮に入れたくないのか分からないのか、移動中なので宿は常に変わると伝えても、「今の宿泊先がないなら、これから宿泊予定の宿の連絡先を教えてください」と言うは、一度伝えたと思っても、次回電話すると別の担当が出て、またイチから説明しなければならないはで、もう大変なのでした。

そしてFAXに関しても、「文字がゆがんで見えない」と言われて送りなおしたのですが、世界一周航空券は分厚い紙が重なっているもので、切り離し不可なので、FAXに写そうとするとどうしても歪んでしまうのです。

こうした理由から、世界一周航空券は、英語での会話が面倒でも極力現地で行った方が良いと思います。実際、ドイツで変更手続きを行った時は、30分ほどで手続きが完了しました。

さて、次回はインターナショナルキャッシュについてです。

次の日記へ

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/7-5a4f5f03

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。