世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、トランコーゾ、またいつか

トランコーゾのレゲエ親父の画像
仲良くなったアクセサリー屋のオヤジ

トランコーゾの沼地で見た「カンジルー」らしき魚であるが、現地の人に聞いたところ、アグーリャという名前の魚で、カンジルーとは別ものであることが判明した。アグーリャとは、ポルトガル語で「針」のことである。アグーリャはその名の通り、細長い身体にこれまた長い嘴のような口を持った珍妙な姿の魚である。因みに某「ワク○○動物ランド」では、女性は貞操帯をつけないで川に入ると、このなまずに殺されるということが放送されたらしい。でも、そうまでして川に入る理由って何なんだろう? 

因みに、カンジルーに関しては以下で詳細を知ることができるので、参考までに転載しておこう。そうまでする理由は何かというと、いや単なる興味です。
カンジルーの詳細

さて、トランコーゾではTVを見たり本を読んだり音楽を聴いたりといったことは殆どせず、毎日外へ出てどこかで呆っとしてばかりいた。狭い村の中に、森・丘・川・砂浜がギュっと凝縮されているので、ちょっと歩けば自分の求める自然はすぐに手に入った。村はとても静かで、サルバドールのように町中に音楽は鳴り響いてはいなかったけれど、風の音や、雨が葉を打つ音、それから波の音など、音楽は自然の中にあり、それがいつも心地良かった。ここは本当にこの世の楽園(パライソ)であったと思う。

30度くらいはありそうなトランコーゾ行の坂道の画像
トランコーゾはこの坂の向こうにある

海外の旅というものは、国内とは比べ物にならない程、その時見た景色や感じた印象が脳の中に強く刻み込まれるようで、僕は少し頭のスイッチを捻るだけで、いつどこにいても、自分がその土地を訪れていた時の感覚を蘇らせることができる。観光客やTVから入る情報等により、トランコーゾの人も自然も、いつまでも今の微妙なバランスを保つことはできないかもしれないけれど、僕の心の中に見えているトランコーゾは永遠に楽園の姿のままを留め続けるだろう。さよなら、トランコーゾ、またいつか。

トランコーゾで出会った、ある家族の肖像
ブラジルは人一人一人の個性が豊か

トランコーゾの電機メーターを撮影した画像
トランコーゾの電気メーター。何か格好良い気がする

話は変わって、昨日からは再びポルト・セグーロに戻ってきた。飛行機に乗ってリオ・デジャネイロへと向かうためだ。一昨日までは楽園感を享受できていたのに、昨晩からは悲惨極まりない。全身少なくとも14箇所に蚊に刺され、痒さと睡眠不足で今はもうヘロヘロの状態である。何故かメスダルは1箇所も刺されていないのは、僕だけビールを呑んで体内の2酸化炭素量が増えていた為か。

蚊に刺されて痒いのは、吸血時に入る蚊の唾液に人間の身体がアレルギー反応を起こすからで、蚊を叩かずに指で弾くと唾液が体内に残りにくく痒みも押さえられるらしいが、寝ぼけ眼でそんなことをできる訳もなく。夢に入りかけたところへ「くぅん」という羽音で眠りを妨げられて怒り狂い、バチンと叩いては殺せずに蚊はぷぉんと飛んでくといったことを繰り返した。後には痒さだけが空しく残った。

そのせいで今朝は頭が働かなく、眼鏡をかけた直後に「眼鏡がない」と怒ったり、トイレに入って便を流さないまま出てきたりと、行動がイマイチおかしい。

明日は深夜にここを発ち、リオ・デジャネイロへと向かう。旅先で会った複数のブラジル人からリオは銃を持った奴が多いから危ない、ここ1ヶ月の間に60件以上の殺人があった等と脅かされているので、空港とホテルを移動する以外に外へ出ることは殆どないと思う。

次の日記へ

 
スポンサーサイト

コメント

やっぱりいいなー、旅って

色々な国に私も行きたい・・・

写真に写ってる現地の人たちがとてもいい感じですね

旅も半分以上過ぎて
あらためて今までの写真を目に映しました。
うう~ん、こりゃほんとに
ご馳走だ。

蚊について

やつらは、暗いと好き放題飛びまくるが、
明るくなると、「とまる」のよ。
もっとも明るい場所に。

よって、睡眠中に「ン~~~」が聞こえてきたら、
とにかくソッコーで明かりをつける!
そして動きを潜めて、飛んでたあたり(音のしたあたり)の、最も明るい部分を探す!!(ex.白いもの、壁など)
かなりの確率で、そこに止まってる。
一撃。

メキシコ時代、蚊取ベープで自分も完全に弱った経験より、就寝中はこの方法がベストかと判断してまーーす。

パライソ…楽園…そしてあのカクテルの瓶も好きです。
こんなアクセサリー屋さんから何か買い物してみたいものだ。
外国のアクセサリーに目がありません。
ああそういう目的を持って旅行に行くのもいいなあ。
蚊の話ははじめてしりました。今度ははじいてみよう。


蚊については上の方のコメントも参考にしてみます。

れすだる

eri さん >
今回、チェコ以外にも色んな国を見てきましたが、
ブラジルはかなり楽しめる国だと思いました。
自然がたくさんで、お国柄的に人が明るくて。
本当に良いところです。

mayumiさん >
えへへ~、ありがとうございます~。
僕もmayumiさんのピアノをご馳走にトネで
酒に酔っ払いたいです!

mineriさん >
うおー、そうだったのか。一番明るいところに止まるって
のは知らなかったよ。今回のブラジル旅行では、ホント
毎日、1匹の蚊に悩まされて睡眠不足に陥ることも屡々
だったよ。1日で20箇所以上刺された日もあった。
蚊取り線香も外国製だからか、目がすっごく痛くなる。
メキシコシティの宿は今のところいないので安心!

jammyさん >
カエピリ-ニャ、カエピリョスカ。僕も大好きです!
確かに、買い物っていう目的で割り切って行くのも
とても楽しいですよね。僕らも今回の貧乏旅行では
満足に買えなかったので、次はそうしようと話して
います。ポカラかバンコクあたりでアジア物を買い
まくりたい!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/71-32f8e764

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。