世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一周 | コラムその1

波照間島の夕焼けの画像
本文とは関係ないけど、波照間の夕焼

「俺は旅に出て自分の探していたものを見つけるんだ」

と若者はよく言うけれど、自分の場合はどちらかといえば、旅に出ることによって自分の中に詰まったものを「抜く」作業に近かったように思われる。

僕は自分自身を、中身の空洞なパイプみたいなものだと思う。そこに、余計なものをたくさん詰め込んで生きている。余計な物とはつまり、情報だとか役割とかいったものである。中身が空洞なパイプにこれらの物を詰め込んで、自分自身だと錯覚しているのである。


旅に出て暫くすると、日本で必要としていた情報も役割も必要なくなるので、パイプから不要な中身が抜け落ちていって、自分が中身の空なパイプであったことに漸く気づく。そして、フィルタをかますことなく景色を見続けている内に、パイプすら消滅してしまい、自分が景色そのものになる。この瞬間は旅の醍醐味の1つかもしれない。旅先であれ日本であれ、及び、分野は何であれ、人は自分と外界の境界線がなくなる瞬間の為に日々何かに懸命になっていることが多い。

旅から戻ると、ある程度ではあるがフィルタをかますことなく、日本を見たり、嗅いだり、聞いたりできるようになる気がする。その時の日本というのは、なんだか使い慣れた布団のような、枕のような臭いがして、とても心地よい。

また暫くすると、日本の景色がハレからケに変わり、即ちよく見慣れた景色に変容し、それと同時に自分の中に新たなパイプが生まれるのだろう。情報や役割の恐いところは、感染力の強さだけではなく、それに犯されていることに本人が気づかないことにある。

まぁ、その仕組を自覚できただけでも良かったのかもしれない。できる限りフラットな目線で、前向きに暮らしていこうと思う。

次の日記へ

 
スポンサーサイト

コメント

おかえり

おかえりなさ~い。

私が、日々ぼんやり生きている中、世界一周旅行をして、物の見方や仕組みなんかを悟っているオスダルサンが別世界の人のように感じるなア。

旅のみやげ話を聞くのを楽しみにしてます。
コラージュも見せてね!


れすだる

ma*ma*yu さん >
うっ、実際、物の仕組なんて分かっちゃいないっす。
いやー、下手に分かったようなこと書くもんじゃないねぇ。
しまったしまった。兎も角、たまにゃ遊びたいねー。

おおおお!
境界線がなくなる瞬間って、火の鳥を思い出させるスケールのでかさだね!

学生の頃、一人で国内旅行から帰ってから「答えとか見つかんなかったな」っぽい感情が残って、でもなんか説明できない感覚があったんだけど、イズミくんのこの日記を読んで「あ、それに近い感覚かも」って思った。

すっかり男前になって(涙)。ってしつこい?

れすだる

くっしい >
境界線って書くとオーバーで、読書やスポーツに熱中して我を忘れている感覚と同じかも。「火の鳥」面白いよね。沖縄の宿にあって読んだけど、自分の歳と共に違った印象を受けると思った。男前!男前!

遅ればせながら、おかえりなさい!
随分長い感じがしたけど、あっちゅう間でしたな。

おすだるさんがいろんな国のいろんな景色に溶け込んでいるあいだ、僕は漠然とした倦怠感を感じながら日々過ごしておりました(笑)。

写真はどれも素晴らしかったですが、経験した人は同じものを見ても、そこから音や匂いや空気そのものもを感じとれるんですよね。羨ましいなぁ。。。

とにもかくにも、おかえりなさい。
また遊びましょう。

れすだる

asaさん >
おーっ!!ひさしぶりです!ハンドルを見て、一瞬僕の
元上司かと思い少しびびりました。

漠然とした倦怠感、社会人は皆、多かれ少なかれ感じて
いるものですよね・・・僕も酷い倦怠感(只の2日酔いの
可能性あり)に悩まされておりました。

音、匂い、は僕が旅をする上で大切なKeyでした。それを
書いて頂けて何だかとても嬉しかったです。2次元では
なく、3次元で感じることが重要と思っています。

ではでは、また近々遊びましょう!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/86-2dd4bcb7

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。