世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国分寺トネリコに到着!!

国分寺のトネリコにて撮影。のんだり、たべたり、とっても美味しいです
ゴールのトネリコに着いた時の写真

2007年8月13日 7時30分。

旅の最終目的地点であるトネに到着して、無事ゴールを迎えることができた。それからもう数日が経過してしまったけれど、旅の感想を書くという作業が億劫だったのと、帰国してすぐに、友人らと酒を酌み交わしていたこともあって、なかなか日記がつけられずにいた。

何故億劫かというと、旅の感想というものは自分の中で毎日のようにコロコロと変わっていくし、半年かけて様々な土地を歩いて見て感じたことについて、一言で「こうだった」と言えるようなものではないからである。実は無理にそれを書いて一度ここに載せたのだけれど、何だか心で思っていることとズレがあると感じたので、消してしまった。  
  
近所の駅から見た景色を撮影
久々に見た駅からの眺め

この旅の最後で何よりも嬉しかったのは、ゴールである国分寺のトネに到着した時からのこと。しかしその前に少しだけ時間を遡って、まずは久々に見た西国分寺駅のことから書き始めよう。

夕方、バックパックを背負って駅に着いた際、最初に目に入ったのは窓の向こう側の眺め。山の向こうに広がった夕焼けを、群青色の夜が上から包み込んでいる。そして駅のプラットフォームから漏れる黄色い明かりと、どこまでも伸びていく線路・・・綺麗だった。半年前に僕が働いていた時にも毎日見えていたはずなのに、僕はそれに気づかなかった。心の余裕によって初めて見えてくるもの、感じられるものがある。

駅から出た後に風景を見た時の印象は、何だか穏やかで平和だなぁといったものであった。西国分寺という場所は、他の東京の町と比べて、時間がゆっくりのんびりと流れているような気がする。町に流れている時間感覚が肌に合っているから、なかなか引っ越す気にならないのかもしれない。

さて、一端荷物を家に置いた僕らは、トネのある隣町の国分寺へと向かった。また半年前と変わらずに、トネのドアを開けて、いつも通りにカウンターに座って、島珈琲(泡盛と珈琲を割った酒)を注文するはずだったのだけれど、店の前まで来たところ、入口に「今日は貸切です」と書かれた黒板が置いてあるではないか。

まさか?と思いつつ、恐る恐るドアを開けたのだが、その瞬間、店内の暗かった明かりがパッと灯されて、「おかえりーっ!!」と聞き慣れたみんなの明るい声が飛び込んできた。平日のまだそれほど遅くない時間だというのに、12人の酒呑み連中がみんな集まって、僕らのゴールを一緒に迎えてくれたのだ!

久しぶりに見た達磨の画像
シミチャンが作ってくれた達磨

それから先は何だかたくさん楽しいことがあり過ぎて、ここには書ききれないのだけれど、ゴールする瞬間には紙テープが用意されていたし、壁には「おかえり オスダル メスダル」の文字が飾られていて。それから、達磨の片目を塗りつぶすイベントまで用意されていて、ビックリした。しかもこの達磨の前には賽銭箱が置かれていて、僕らが戻った際に物乞いをせずに酒が飲めるようにと小銭が山盛りされていたのだ(まだ金額は数えていない)。

そして久々に食べたサンチャンの料理と、houseのCちゃんが作ってくれた「おかえりなさい」の文字入りケーキに・・・それからそれから・・・いつもの酒呑みの面々!。僕は感情を人前で出すのが下手くそなのだが、心の中では号泣していた。「旅とはなんぞや」なんてことはもうどうでも良くって、旅が何かを見つける為のものだとしたら、自分の探していた大事なものは最初からここにあったんだと思う。

この素晴しき「おかえりなさい会」であるが、始まって1時間か2時間後以降のことはというと、案の定と言うかなんと言うか、酒に酔ってしまってあまり記憶がない、面目ない、でもいつものことだからどうしようもない。確か夜中の2時か3時まで飲んでいたような・・・。

翌朝、洗面場で鏡を見ると、鼻毛が異常に伸びていた。この旅でボウボウに伸びた髪を敢えて切って、髭も剃ってゴールに臨んだが、鼻毛を切るのをウッカリ忘れていたようである。

世界一周で買い集めた国旗を縫い付けたバックパック
各国で買った国旗を、自分達でバックパックに縫い付けた

あと、このブログの今後について。もう少しだけ、旅で感じた細かなことだとか、書き漏らしたこと。それから掲載しそこねた写真などをアップしてみようかと考えている。切りが悪いようだけれど、まだ出し切れていない感じが残っているから、それがなくなるまでは、自分が納得するために続けたいと思うのだ。

とはいえ、心では思っていても、臭くてとてもブログに書けないようなこともあるので、もしそれが知りたいという物好きな方がいれば、僕に酒を一杯おごって下さい。何でも話しますから。

次の日記

 
スポンサーサイト

コメント

おかえりなさい!!

無事に旅から帰って来た二人の笑顔が見れて、心からほっとしたし本当~に嬉しかったです!
いい顔してた~!!
旅に行く前もいい顔していたけど、さらに耀いておりました。
旅日記をゆっくり見たいと思います。
一杯おごるから話し聞かせて欲しい~!!
今度ゆっくり飲みましょう!!

れすだる

mizono igamaku さん >
うわーっ、飲みましょう!! いつでもどこででも!!

はじめまして。いつも楽しく見させていただいていました。
おかえりなさい!

旅を終えて、その後のだるころさんの日々がどのようになるのかも読者として興味があります。
もしよかったら続けていただくとうれしいです。

では

れすだる

isitest さん >
いつも読んでくださってありがとうございます!
そうですねー、またここに書きますが、今は旅から現実へが
意外と連続している印象を持っています。またこれから
ジワジワと変わってくるのかもしれません。

おかえりー。だるころ夫婦は幸せもんだ~。
ゴールの時を勝手に思い描いて、ジーンとしてしまったよ~。
近いうちにお会いできる夜を願って。
ふう、たまらんのう。

れすだる

タコさん >
タコさんとも早く狂い呑みしたいよ~。
トルコ話や富士山話に花を咲かせたい!

おかえり~(*´ェ`*)

お帰りなさい会を開いてくれた、沢山のステキな
友達に囲まれているオスダルさん・メスダルさん。
幸せそうじゃの~☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆

私も一緒に旅の余韻にひたらせてくれ~。


れすだる

ma*ma*yu >
ありがと~、会おう会おうって言って、久しく会ってないね。
Momoさんのブログはよく読ませてもらってます。
今度お宅に遊びに行かせておくれ~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/87-502cec63

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。