世界13カ国を夫婦で貧乏旅行した時の世界一周旅行記。帰国後は登山と自転車のことなどを中心に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だるま日記 (最終回)

キューバー、ハバナで出会った老楽器奏者
ハバナの楽器演奏者

さて、そろそろ最後の旅行記を書くとしよう。

とは言っても、もう帰国から2ヶ月が経過しようとしており、今は就職活動に忙しい日々を送っている。なんだか終わりが中途半端でキレの悪いものになってしまったが、致し方ない。

たとえつい先日まで非日常な生活を送っていたとしても、日常というものは、本人が意識できないくらい、極めて自然に自分の中に溶け込んでくるもので。一度書くタイミングを逃してしまうと、いつの間にか日常の忙しさに流されている自分がいて、なかなか他のことに頭が回らなくなっているのだ。

それが良いことなのかは分からないけれど、そんな訳で今の自分と、旅をしていた頃の自分は全然違う人で、もう旅人の頃の僕ではない。最近では周りの友人らも僕に旅の話をすることは殆どなくなって、「あぁ、また半年前の日常に戻ってきたんだなぁ」と感じている。  

ハバナで会ったおっさん
キューバで会ったおっさん

だからといって、旅から戻ってきたばかりのタイミングで、旅の感想を書けば良いというものでもないと思う。旅の感想は、日々の日記の中にこそ、最もその時の記憶に近い形で閉じ込められているものだから、敢えてそれをまとめてしまうと、キレイにまとまりはすれども、その瞬間に感じていた世界からは離れた記憶になっていることが多い。

1つ余談を書くと、時々ふと、自分が日本に戻ってきたばかりの時に感じた視界がバーっと目の前に広がる瞬間がある。それは見慣れた日本ではなく、異国の景色だ。スーツに身を固めた忙しそうな男達も、極端に短いパンツを履いたコピーロボットのような女達も、みんな異世界の人々。当たり前の景色も、意識をちょっとズラしたところに移動するだけで、随分変わったものに見えてくるから不思議だ。

さて、話を戻して、最近の僕の脳内構成比はどうなっているかというと、「旅」の占める割合は5%もなく、かえって「酒」の割合の方が15%と、大きく上回っている。じゃあ何が一番を占めているかといえば、それは次の仕事のことである。

とはいえ、旅の虫はこれまで通り僕の頭の中に棲み続けている。これから先も、ことあるごとに「旅に出ろ!出ろ!」と跋扈することだろう。機会と金さえあれば、今この文章を書いている手をすぐに止めて、バックパックを背負ってドアから飛び出すところだ。なぜなら、僕らの見た世界はまだ地球の点に過ぎなくて、まだこの目で確かめていない世界はたくさんあるのだから。

さて、次は何をしよう。兎に角、僕はいつだって、何かを始めたくてウズウズしているのだ。

--------------------------------------------

最後になりましたが、だるま夫婦の旅を見守ってくださった方々、このブログを読んで下さった方々に、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

次の日記へ
前の日記へ
世界一周旅行記を最初から読む
スポンサーサイト

コメント

いつも興味深く拝見していました。パスポートも持ったことない自分ですが、いつか機会と金ができれば海外に行ってみたいです。これで終わりになってしまうのは残念ですが、また違って形でも更新されればと思っています。

一言、あっぱれ!です。
むりやり箱に詰め込まないところが
だるころくんらしくで大好き。

お二人のように本格的な旅をしたことはないけど、
日常の中でふっと身体感覚として思い出す旅の光景(変な文?)ってのは確実にあるし、それが非日常なのかというと、たしかに今ここにある日常とは違うんだけど、非日常という感覚とも違う。
過ぎた旅(という表現も変だけど)で得た感覚は、どんなものであれ
自分の中に残っていて、旅の間はそんなことは考えてないけど、終わったあとにふと来るこの感覚が好きだなあ。

まずい!意味不明なコメントになってる…。

れすだる

okuryu さん >
コメントありがとうございます、嬉しいです!
初めて行く海外は物凄く刺激的で、楽しいですよー。
ぜひ行ってみてください!

タコさん >
いつもコメントありがとー。
旅の感覚って強烈なものだから、頭のどっかに入ったまま
になって、時々、目の前の景色と、今の自分感覚と溶け合っ
た奇妙な状態で、でも自分的にはかなり旅をしていたその時
に近い感じで、蜃気楼のようにモアモアモア~って浮かんで
くることがあるよね。

幾つかの国に行って集めた、色んな色の蜃気楼は、僕の
一生の宝物になりました。

ご無沙汰しております!
トルコのパムッカレの宿で一緒だった夫婦です。
覚えていてくれているかなぁ・・・・

日記を読んでいたらなんとメキシコシティ入りが1ヶ月違いでしたよ!!なんともニアミス!またお会いしたかったです!
私たち夫婦は今、メキシコシティの宿で管理人をさせてもらってまして・・・3ヶ月ほどゴロゴロと過ごしております。

日本はもう寒くなってきましたか?私たちも来年(くらい?笑)日本に帰ったら就職活動が待ち受けています…。先輩!!アドバイスお願いしますねっ!

おすだるからの返信

おぉ~っ!もちろん覚えていますとも!
先日はメールありがとうございました。お2人とは、
イスタンでも再会しましたもんね~。もっとゆっくり
話したかったです。

メキシコの宿はサンフェルナンドでしょうか? 
一緒にマリアッチを観に行ったりしたかったなぁ。
「東京」で和食食いましたか?

日本の季節は秋で、キンモクセイの香りが涼しい秋風に
乗って吹いてきて、とても心地良いです。ちょっと寒く
なってきて、マフラーをする日もぼちぼちです。

就職活動、面倒ですが働かないと遊べないですものね。
まぁまだ先のこと、今はただ旅を楽しんでください!
戻ってきたら遊びましょう!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriiro00.blog62.fc2.com/tb.php/93-c810f985

 | トップページに戻る | 


※ご感想・お問い合わせ:dogra11@hotmail.com
※当ブログはリンクフリーです。You can link to our page without permission.
※当ブログ内に掲載されているすべての文章、及び、画像の無断転載、転用を禁止します。すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2006-2007 Keisuke.Izumi. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.(darukoro douchu)

コンテンツ

移動ルート
旅の写真集 【NEW】
過去の表紙 【NEW】

旅のオモロ動画集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。